WELCOME TO SAVVY

BLOG

  • HOME > 
  • BLOG > 
  • 今、コンテンツマーケティングが必要とされる理由

今、コンテンツマーケティングが必要とされる理由

2020.04.08

マーケティング

今、コンテンツマーケティングが必要とされる理由のメインビジュアル

現代は情報洪水化社会

コンテンツマーケティングが大事だと思う企業は多いと思います。日本では2010年代に入ると、企業がオウンドメディアや
キュレーションメディアを相次いで立ち上げました。その結果、インターネットという大海原にはコンテンツが溢れかえることに。さらに、ソーシャルメディアによる情報発信も含めると、顧客となる消費者が日常的に触れる情報量は格段に増えているわけです。

ですが、「情報洪水」や「情報爆発」などと揶揄される中にあっても、コンテンツマーケティングは、情報源として発信するだけでなく、企業の姿勢やコーポレートカラーを伝える手段として有用には違いありません。

なぜ、コンテンツマーケティングが必要とされるのか。また、どのような点に注意して運用していけばいいかについてみていきたいと思います。

コンテンツマーケティングを制すものは、ビジネスを制す

そもそもコンテンツマーケティングが必要とされる理由。これは、何となく想像がつくのではないかと思います。

企業広告や雑誌広告など「売り込み」のマーケティングでは、ターゲットに刺さりづらくなってきていて、潜在層に向けたコンテンツの「蓄積」を主としたアプローチが収まりよくなっている。そのために、有効な手段の1つがコンテンツマーケティングである。恐らくこのような捉え方を持っていると思います。
でも、売り込みから蓄積へ変化したことで、企業のマーケティングはコンテンツマーケティングが台頭。多くの企業が始めることとなり、大小問わず様々なオウンドメディアが誕生しました。

コンテンツマーケティングを制すものは、ビジネスを制すと言わんばかりの勢いで、外注ライターチームを束ねたり、自社で選りすぐった内製チームを作ったり。様々な企業がコンテンツを量産するために奔走していきました。

その結果、すぐに結果を追い求めようとするあまり、小手先に走ったコンテンツSEO対策や、どこかで見たような比較記事やHow To記事が乱立してしまっている。

無論、コンテンツマーケティングを行う上で、SEOもHow Toも必要です。しかし、何も考えずに記事を量産することは、情報洪水社会においてナンセンス。

これだけ、コンテンツマーケティングが一般化したからこそ、利口に運用していきたいところです。

「企業の色」と「見込み客が求める情報」をシンクロさせる

コンテンツマーケティングは、自分たちが行なっているサービスや企業としての姿勢を知ってもらうための1つの手法。変にWEB上で展開されている他社のコンテンツに寄せなくても、ターゲットとする見込み客が欲しいと思う情報をコンテンツとして
提供できればいい。つまり、「良いコンテンツほど、人に読まれる」です。しかし、こう考えるのはまだ早く、もう一歩進んで考えれば、どうしたら読んでもらうか。つまり、発信の仕方を工夫することが重要になってきます。

オウンドメディアで発信するのはもちろん、その記事を運用しているSNSにハッシュタグ付きで投稿したり、社内メンバーに拡散を依頼したり。
泥臭い方法ですが、確実にできることを抑えるが鉄則です。

加えて大事なのは、企業としての「一貫したメッセージ」を伝えること。
軸をブラさず、自社の視点で物事を捉え、伝えたい内容をコンテンツとしてまとめる。この塩梅は、書くと簡単ですが、実際は難しいことでもあります。企業色が強くなりすぎても、反対に全く関連性がない伝え方になっても、良質なコンテンツとは言えません。

シンクロナイズドスイミングは、水中での演技がシンクロしているから美しく見える。一糸乱れぬストリートダンスも、振り付けが揃っているからこそかっこよく見える。つまり、美しいやかっこいいなど、人の機微に触れるコンテンツは、企業の一方的な理念の発信では生まれません。その理念に基づいた社会事象や商品、サービス、ライフスタイルなどにファーカスし、うまくシンクロさせること。

これこそが、コンテンツマーケティングで、企業の色を出していくのに必要な考え方です。

コンテンツマーケティングは長期的に取り組むこと

コンテンツマーケティングで発信する内容が、首尾一貫しているものであれば、継続運用によるコンテンツの蓄積効果により、企業のブランディングに繋がります。サイトを訪れた見込み客は、どんな姿勢で事業に取り組んでいるのか把握することができるでしょう。また、企業のブランディングが強化されることにより、扱う商材やサービスによっては「専門家」として認められ、業界からは一目置かれる存在になるかもしれませんね。

コンテンツマーケティングは、広告のように通り一辺倒なコミュニケーション方法ではありません。もちろん、読者として読んでもらうわけですから、企業発信なのは当然です。読者である見込み客を置き去りにせず、オウンドメディアを回遊してもらうには、読者と目線をフラットに合わせ、寄り添うようなコンテンツ作成を心がけましょう。

すぐには効果が出にくいコンテンツマーケティングですが、長期的な視点を持って、取り組めるのかどうか。長いスパンを持って、潜在顧客にアプローチするために、一歩ずつコンテンツマーケティングに取り組む必要があると思います。
単にコンテンツを量産するのではなく、一歩一歩確実にステップアップさせること。コンテンツマーケティングを進めていく上で、大切なマインドになってきます。

ぜひ、コンテンツマーケティングの必要性を理解したら、実践へと移る前に、どんなコンテンツがいいか考えてみてくださいね。

SHARE

この記事をシェアする