WELCOME TO SAVVY

BLOG

  • HOME > 
  • BLOG > 
  • 今の時期だからこそ、自社の強みを見直してみませんか

今の時期だからこそ、自社の強みを見直してみませんか

2020.05.20

ブランディング

今の時期だからこそ、自社の強みを見直してみませんかのメインビジュアル

世界的に新型コロナウイルスの影響が今も続いており、先行き不透明な社会情勢の中、今後どのようにしてビジネスを行っていけばよいか悩んでいる企業も多いことでしょう。
事実、外出自粛を余儀なくされ、近場しか出歩くことができなくなったことで、打撃を受けてしまっている業界も存在します。

旅行業界や飲食店、エンタメ業界などはその最たるものであり、人と人とがリアルで集ったり交流したりすることで成り立つ事業は、どうしても苦境を強いられる状況下にあります。
いつ、新型コロナウイルスが終息し、平穏な日常が帰ってくるのか。不安は募るばかりですが、だからこそこの状況でできることは何か、いま一度考えてみる時期なのかもしれません。
「ピンチはチャンス」と言うように、マイナスからプラスに変える方法はないのものか。そう発想を転換し、今後飛躍するために、視点を変え、改めて自社の強みを見直す準備期間としてみませんか。

強みを明確化することの大切さ

企業が行う事業の領域は各々異なりますが、必ず専門とする領域があります。得意とする領域の話であれば、色々なアイディアが浮かび、幅広い提案をすることができる。そして、クライアントのニーズを満たした成果物を出すことで、信頼を得られる。
そうして、信頼をコツコツと積み上げてきたからこそ、今のビジネスがあるのではと思います。

新型コロナウイルスと、うまく付き合っていかなくてはならない。そんな「Withコロナ時代」に改めて自社の「強み」と「弱み」を明確化し、整理してみるといいのではないでしょうか。

Withコロナ化の外的環境がある中、どのような競争優位性が考えられるか。また、自社の弱みを補完し、どう強みを活かして市場拡大の機会を作っていくか。状況としては、中小企業も大企業も変わりありません。あとは「強みを明確化して、今後の事業展開の確固たる礎をどう築いていくか」にかかっているのではと、SAVVYでは捉えています。

打開策を競合よりも早く動き出し、Withコロナの時代でも顧客から選ばれる企業にしていく。そのために、まずはニュートラルな状態で自社のビジネスの現状を分析してみるといいかもしれません。

強みを生かした今できること

強みを明確にしたあとは、今の現状を打破し、どう売り上げに結びつけるか考えると良いでしょう。
政府は、感染予防を継続しながらも、経済活動や日常生活を行う「新しい生活様式」を掲げました。

テレワークという働き方が浸透することで、世の中の働き方も変わってきています。
これは世界的に見ても同様です。つまり、オンラインでのターゲット選定や売り方など、
これまでとは視点を変えてみると、道が見えてくるのではないでしょうか。

Withコロナ時代に合った、オンラインで価値提供できる新商品や新サービスを創る。
また、WEBサイトやECサイト、WEB広告を見直し、テレワーク主体の働き方に沿った
顧客との接し方やコミュニケーション設計を考えてみる。

色々とアイディアが浮かんできそうですね。

実際のところ、様々な企業がサービスを無償で提供する施策にも取り組んでいます。

「飲食店の暖簾やお弁当販売スペースの無償提供」「事業企画を無償でコンサルティング」「書籍や動画の無料公開」などが挙げられますが、誰もが苦しい中で顧客との良好な関係をどう作って自社のブランディングにつなげていくか、今の時期にできる訴求方法を模索してみるのもいいでしょう。
また、対面営業がやりづらくなったことで、改めてオンラインでのコミュニケーション設計を考えてみると、新たな販売チャネルの確立に繋がるかもしれません。

これまでは、対面一辺倒のビジネスだったのを、オンライン用にカスタマイズしてサービスを提供する企業も出てきています。
ファッション業界の「オンライン展示会」や旅行業界の「バーチャル・ツアー」、エンタメ業界の「オンラインフェス」など、オンライン会議ツール(Zoomがよく使われることが多い)
を活用した様々な取り組みが行われています。

Withコロナ時代を生き抜くための施策

自社のプロモーションの観点で見たときに、「Stay Home」だからこそ認知度を高めるための工夫を凝らすこともできるのではと考えています。

例えば、オウンドディアのコンテンツ内容を変えたり、記事公開の頻度を多くしたり、SNSやブログに時流の合う記事リンクを付けて発信したりと、一工夫してみれば思わぬ効果となって表れることもあるでしょう。
SNSや自社メディア、映像など、これまで視野に入れてこなかった施策を取り入れ、Withコロナ時代を生き抜くための創意工夫を積極的にすれば、新しいビジネスの潮流をつかめるかもしれません。

こんな大変な時期ですが、今だからできることを一緒に考えて乗り越えていきましょう。

感染症を乗り越えた先のアフターコロナでは、どんな未来が待っているのか。
期待と希望を抱きながら、今できることを精一杯行う。

SAVVYも、そんな「コロナに負けるな」という気概を持った企業を全力でサポートして参ります。

SHARE

この記事をシェアする