WELCOME TO SAVVY

BLOG

  • HOME > 
  • BLOG > 
  • ひたむきさを投稿して未来を拓くメディアサイト「スポット」の告知

ひたむきさを投稿して未来を拓くメディアサイト「スポット」の告知

2020.09.04

NO CATEGORY

ひたむきさを投稿して未来を拓くメディアサイト「スポット」の告知のメインビジュアル

新型コロナウイルスの流行により、「Withコロナ」や「ポストコロナ時代」という言葉が生まれました。
ステイホームが推奨されたことにより、テレワークや在宅勤務の一般化が進み、働き方やライフスタイルが大きく変化した世の中。
まさに、人生に合わせたワークライフ混在のニューノーマルな時代と言えるのではないでしょうか。

それにあわせて持続可能な社会を実現するために、組織もSDGs、ESG経営へとシフトしていき、コーポレートサステナビリティ
を追求していく。

他方、加速するAIやDX社会による効率化・省人化に伴うビジネスモデルの変化も著しく、柔軟に対応できる組織が求められています。
仕事を効率化するアプリケーションやソフトウェアが発達し、今後はAIを取り入れたサービスがどんどん出てくることと思います。

日々の業務負担を減らし、より効率的で生産性を高めるためにデジタルの普及がなされてきた一方で、人は「人ならではの役割」を模索し、働く意義や喜びの実感を重視する傾向にあると感じています。

さらに、デジタル化が進み、リモートワークを導入する企業も増えたことで「仕事の選び方」や「仕事への姿勢」も変わりつつあります。

今までは、どちらかと言えば自分自身や自分の周囲の幸せが行動動機となっていたものが、「もっと広く、世の中や社会のために役立ちたい」とする動機が生まれ、増えてきていて。
利他主義の考えを持って働くことは、新しい生活様式が定着する中で、より顕著になってきているのではと思っています。

ニューノーマルな時代では職業観が変わり、キャリア教育が変わり、就活が変わり、そして採用が変わる。

人が、人のために働きたいと思う動機は様々あります。

  • ・   人の情熱に共感する
  • ・   人の気配りや配慮に感化される
  • ・   ひたむきな姿に感化される
  • ・   妥協しないこだわりに鼓舞される
  • ・   描くビジョンを応援したい気持ちになる
  • ・   唯一無二の技術の舞台裏で協力し合う

など、共感できる人には「熱意」や「想い」が存在しています。

そんな人に自分(あなた)の時間を重ね合わせられ、同じ境遇の中で関わることができれば、
よりよい社会を創るきっかけとなって、より明るい未来が拓けるはず。

SAVVYはこれまで、企業の広報物や採用広報などの仕事を多く行ってきました。
その中で数多くの「プロ度の高い個人」に出会い、彼ら彼女らのこだわりや熟練の技、その志がその企業や団体を支える原動力となっていることを強く感じてきました。

一方で、卓越した技術や高い志を持っている人・企業の中には、対外的に知ってもらうための発信力に課題を感じていて、それ故に人材不足や販促不足に陥っている場合もあり、それは決して珍しいことではないと思っています。

コロナ禍で消費トレンドがより一層、オンライン化が進み、ネット消費や宅内需要が伸びました。
新しい消費行動が芽生える中、未曾有の災害やパンデミックが起きた後には、購入する商品・サービスが持つストーリーがより重視されるようになるとSAVVYは考えています。

それはつまり、作り手や発信者への「共感」や「応援」といった動機のもと、購入に至るということが成り立ちやすいからで、うわべだけでないストーリーテリングこそ、人の心を動かす原動力になりうる。
そこで、SAVVYでは今後の社会情勢や消費動向も見据え、WEB上で共感や応援を募るようなメディアを立ち上げる予定です。

仕事の条件&待遇で仕事を選ぶのではなく、働く意義を見出すことや社会貢献といった価値観のもとで仕事を探している人は、これから増えていくと思います。

「日の目を見ないながらも、卓越した技術力がある人や企業」と「表面的でない、大義と実力を兼ね備えたパートナーに出会いたい人」とをマッチングすることで、そこで生まれる消費を活性化を促したり、事業課題の突破口を開きビジネスの飛躍を後押ししたり。

販売・雇用・ビジネスマッチング・寄付・ボランティア・CSR活動など幅広くターゲットとして捉えつつも、それぞれの活動を前進させる媒体として全国発信することを主眼に置いています。

しかも、サービス自体は無料で!
まずは、どんどんこのサービスを拡充させていき、様々なよき出会いを創出する。

頑張っている人や企業が、新しいハッピーを生み出せる世の中になるためのお手伝いが少しでもできないか。

そういった思いのもと、現在サービスを絶賛立ち上げ中です。
ありがたいことに、すでに複数の企業や自治体からの支援がいただけそうですので、乞うご期待ください。

SHARE

この記事をシェアする