WELCOME TO SAVVY

SERVICE

コーポレートサイト制作

2022.06.17

ホームページ制作

コーポレートサイト制作のメインビジュアル

スマートフォンによる検索やSNSでの情報収集が主流になった今、企業が単にコーポレートサイトを持つだけではなく、どのように活用するかが重要になってきています。

昨今の大きな社会情勢の変化に、企業は柔軟かつ迅速に対応する姿勢が求められています。つまり、コーポレートサイトを起点に、企業が世の中に伝えたい情報を発信していくことが、事業の成功に直結すると言っても過言ではありません。
こうした中、コーポレートサイトの制作やリニューアルを考えている企業担当者の方も多いのではないでしょうか。

今回は、コーポレートサイトについて詳しく解説していきたいと思います。

コーポレートサイトとは

コーポレートサイトとは自社のサービスや社風、ビジョンなど、その企業のあらゆる情報が集約されているホームページです。

会社概要のほか、扱っている商品やサービスの特徴、ニュースや採用情報などを掲載し、いわば「名刺の代わり」や「会社の顔」として、コーポレートサイトが機能していると言えるでしょう。
営業窓口や広報、カスタマーサポートなどの代わりにコーポレートサイトでその会社の一端を知る役割を果たしています。
会社に興味がある人、求職者の人、取引先などさまざまなステークホルダー(利害関係者)が目にするので、どんな情報を掲載するかによっても企業イメージが左右されるといっても過言ではありません。

最近では一つのサイトに情報を網羅せず、会社の説明を中心とした「コーポレートサイト」と商品やサービスの事業領域に特化した「サービスサイト」を分けるケースも増えています。

コーポレートサイトの目的

それでは、コーポレートサイトが果たす目的と役割はどのようなものなのでしょうか。
コーポレートサイトは、企業の情報を対外的に知ってもらうのが主な目的になっています。
掲載する情報や質にこだわることで、信頼感の醸成やブランドイメージを高めることも可能です。
また、企業のステークホルダー(利害関係者)と関係性を構築する面でも役割を果たすため、コーポレートサイトでステークホルダーが知りたい情報を充実させれば、信頼関係を生むことにも寄与できるでしょう。

コーポレートサイトを作るメリット

企業にとっては多くのメリットを享受できるコーポレートサイトですが、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

まずは、企業の情報が余すところなく網羅されたコーポレートサイトを一つ作ることで、サイトを訪問するユーザーが必要とする情報にたどり着くのが容易になります。
そして、昨今注目されるSDGsやESG、CSRなど企業が取り組んでいる活動を社外へアピールし、コーポレートサイトをブランディングツールとして活用することもメリットになります。

自社の取り組みに加えて、コーポレートサイトにサービスやプロダクトの情報をわかりやすく記載することで、ユーザーのブランド理解を促し、宣伝・広告効果も得ることができます。
つまり、コーポレートサイトを制作して自社の魅力が社外に伝われば、有望な見込み客を創出できたり、新たなビジネスチャンスが生まれるきっかけにもなるわけです。

コーポレートサイトにお問い合わせフォームを設置すれば、そこから実際の商談するまでの連携がスムーズになることでしょう。
また、コーポレートサイトには、会社で働く人のリアルな声を掲載するのも大きなメリットと言えます。
社長がどんな想いを持って経営しているかを「代表挨拶」で伝えることや、その企業で働く上でのやりがいや業務内容について社員が語る「社員紹介」を掲載すれば、採用活動にも十分に活かすことができます。

コーポレートサイトに掲載したい内容

コーポレートサイトに掲載する内容を具体的に解説していきます。

会社概要

コーポレートサイトは「会社の顔」となるものなので、会社名や本社の所在地を明示するのはもちろん、会社の沿革も必要不可欠になります。

商品やサービスの情報

その企業が扱う商品やサービスの概要も紹介することで、どのような事業に取り組んでいるかが明確になります。
ただ、コーポレートサイトで情報を掲載しすぎても、ユーザーが求める情報にアクセスしづらくなってしまいます。
情報量が多くなってしまいそうであれば、別にサービスサイトを作ることでコーポレートサイトとうまく棲み分けする方法もあります。

採用情報

コーポレートサイトは見込み客やクライアント、ステークホルダー以外に求職者も閲覧します。
そのため、コーポレートサイトに現在募集している採用情報を掲載することが重要です。

一方、サービスサイトと同様、採用に関してより詳細な情報や候補者に伝えたいメッセージがある場合は、「採用サイト」として切り出すのも一つの手段です。
人材採用は事業成長に大きく関わるので、採用を強化するために採用サイトを制作するケースも多くなっています。

ニュース

コーポレートサイトには新商品やイベント情報、メディア露出など、企業にとってニュースとなるトピックも掲載しておくといいでしょう。広報的な役割を果たすので、その企業が活発的に動きを見せている様子が伝わるよう、更新頻度を高めるのがポイントになります。

お問い合わせフォーム

商談や求職者からの応募などの際、お問い合わせフォームを設けるのもコーポレートサイトには必要です。

コーポレートサイト制作のまとめ

コーポレートサイトは、上手に活用すれば企業のイメージアップや利益向上につなげていくことができます。
その有効性を裏付けるように、昨今ではコーポレートサイトにCMSを導入し、外部に委託せずに社内で運用することが当たり前になりつつあります。

ステークホルダーの求める情報を迅速に発信し、企業のあり方を世に示していくことで、大きなアドバンテージを得られることでしょう。

SAVVYは2014年に創業して以来、大手企業から中小企業までのWEB施策に携わってきました。

コーポレートサイトの制作や、その有効活用法も含めてWEB制作全般のプロデュースを行っていますので、コーポレートサイトの制作を考えている場合は、ぜひご相談ください。

SHARE

この記事をシェアする

RELATED POST

この記事に関連する記事